どのようにして、足利が5S活動の「聖地」となったのでしょうか?

どのようにして、足利が5S活動の「聖地」となったのでしょうか?

どのようにして、足利が5S活動の「聖地」となったのでしょうか?

キララ編集部は、日本貿易振興機構(JETRO)の招待で、2016年3月下旬の数日間、栃木県の足利を訪れました。春先で、まだ肌寒く、桃や椿の季節は終わっていました。また、桜はまだ咲いておらず、丘には枯れて、落ちた茶色の枝が一面に広がっていました。足利の魅力は豊かな自然だけではありません。現在、足利は、独自の5S活動を成功させており、世界中から注目されているのです。

足利

栃木県足利市 (Photo: osshi/PIXTA)

トヨタが成功した1970年代以降、5S活動は、日本はもちろんのこと、世界中でも広まってきました。5S活動を取り入れた企業は、無駄を省き効率を上げることを目標に掲げ、社員や時間、職場環境の管理の分野で効果が出るよう取り組んでいます。しかし、実際は5S活動を成功させた企業は、日本でも、多くはありません。確かに、5Sは取り入れやすいのですが、確実に進めていくのは難しいのです。ベトナムでは、基本的なレベルの5S活動しか展開できてないのが現状です。そのため、私たちにとっても、足利の5S活動から学ぶべきものは多いのではないのでしょうか。

足利市には150以上もの企業が操業していて、足利商工会議所の支援で様々な企業が一団となって、5S活動で成果を出しています。自分たちの経験を共有し、5Sを普及させるため、多くの人々が熱心に活動されています。そして、現在では、5S活動を学ぶため、日本国内からは100団体以上、海外からは10団体以上が毎年、訪れています。そこでは、現場での5S活動がどのように進められているのか、また、それぞれの役職(従業員、班長、課長、工場長など)に合った5Sの活動についても学ぶことができます。

工場内の「テーマパーク」

オグラ金属工業株式会社の工場では、自動車や新幹線などで使用される、アルミ製とスチール製の部品が製造されています。こちらの工場には、それぞれの部門の特徴やニーズあった5S活動が行われるよう、「テーマパーク」が設けられています。従業員のやる気を引き出すため、自らの作業場を飾りつけています。また、作業工程表は従業員(大半は海外から働きにきています)が見てすぐに把握できるよう、高さは1.3m以下と見やすい位置に設置しています。作業に必要な道具には、値段が付けてあり金額順に並べられています。そうすることで、従業員は道具の在庫状況が一目でわかり、コスト意識が高まります。それ以外にも、会社の入り口付近に、1922年創業当初から開発してきた製品を「博物館」のようにして飾っています。

オグラ金属工業 取締役副社長の小倉乃里子氏は、すべての部門で作業工程や職場環境の改善が自主的に進むよう、様々な5S活動を行っているとおっしゃっていました。

オグラ金属工業の駐車場

オグラ金属工業の工場と駐車場の全ての屋根には、再生可能エネルギーの活用と資産運用のため、ソーラーパネルが設置されています (Photo: Dong Vy)

事務ファイルや文具用品の棚

事務ファイルや文具用品の棚の整理も5S活動の一環として、行われています。ここでは、一番上の棚は、普段使う道具は置かず、テーマパークの絵などを飾っています (Photo: Dong Vy)

掃除用具

掃除用具は、見えない所に片づけるのはなく、「ディスプレイ」ように置いています。そのおかげで、いつも整頓されています (Photo: Dong Vy) 

5S活動は、会社の利益ではなく、人のため

深井製作所の5S活動

株式会社深井製作所は、開発部門、設計部門、自動車部品製造部門、設備部門に分かれています。どの部門の従業員も、決められた通り、機敏に働かれています。

松永宗德氏

足利商工会議所主催の、5S活動に関する会議で、発言されているジェトロ栃木貿易情報センター所長、松永宗德氏 (Photo: Dong Vy)

1938年の創業時から、深井製作所は、何度も5S活動に取り組んできましたが、足利流5Sを取り入れた2007年までは、失敗を繰り返していました。深井製作所の専務取締役の福田典穂氏は、「以前は、利益を第一に考え、5S活動を行っていました。当時は全ての部門で、5Sの意識が強く求められたことにより、失敗を見つけた際には、叱りつけるといったこともあったそうです。そのため、従業員はストレスが溜まっていました。5S活動の会議では、工場長も5S活動が上手く進められず、彼もまた、厳しい指摘を受け、気を落としていたようです。今は、働く人のやる気を第一に考え、5S活動を行っています。5Sは、自分の失敗を反省するものではなく、主体的に行うものです。このように考えを変えてからは、従業員が気持ちよく働くため、一人ひとりが考え、5S活動を進めてきました。すると、物事が順調に進んでいったのです。当然、今も、毎日5S活動を実施していますが、成功しなければならないとは考えていません。」とおっしゃっていました。

深井製作所の工場を訪れた、ベトナム記者団

深井製作所の工場を訪れた、ベトナム記者団

この人を大切にするという理念に基づいた5S活動は、深井製作所やオグラ金属工業にとって重要な位置を占めており、他の地域にはない特徴となっています。この5S活動が浸透しているからこそ、足利は、世界レベルの技術をもった、工業都市のひとつとして、強い印象を世界に与えているのでしょう。

実際、足利がいかに5S活動に熱心に取り組んでいるか、私たちも肌で感じることができました。

5S とは何でしょうか?

5Sは、以下の5項目に沿って、職場環境を管理していく方法で、この5Sという名称は、それぞれの頭文字「S」をとってネーミングされました。

1. 整理:必要なものと不要なものを分類し、要らないものを捨てる。

2. 整頓:取り出しやすいよう、道具や工具を決められた場所に配置する。

3. 清掃:きれいに清掃をし、安全で、成果がでるような職場環境を維持する。

4. 清潔:上の3Sの効果を確実なものとするため、確認作業を行う 。

5. 躾:あらゆる部門の従業員一人ひとりが、主体的に5S活動ができるよう、指導をする。

足利流5S活動の特徴は?

典型的な5S活動は、整理、整頓、清掃の順番で進みます。足利流は、整理、清掃、整頓という、整頓と清掃の順番を入れ替えているのが特徴です。また、皆が気持ちよく働ける職場作りを、5S活動の目的としているのも見逃せません。

世界5Sサミット2016

本物の5Sを導入したい、足利流5Sの現場を視察したいという世界中の経営者の要望により、これまで、足利で世界5Sサミットが定期的に開催されてきました。第3回の世界5Sサミットは、2016年11月10日~11日に行われる予定です。足利の5S活動の実績を目の当たりにできるだけでなく、ベトナム人経営者が、世界中の経営者と5S活動について意見交換ができるまたとない機会となるでしょう。

DONG VY/ kilala.vn


【訂正とお詫び】 
本誌19号54~55ページの掲載記事において誤りがありました。 訂正させていただくともに読者の皆様にはお詫び申し上げます。

足利商工会議所

3-2757 Tori, Ashikaga, Tochigi, 326-8502
acci@watv.ne.jp
www.ashikaga.info/acci5s
Xem TOUCH Summer 2015 trên NHK WORLD TVĐăng ký báo kilala dài hạnBữa tối miễn phí tại Hinomoto MatsuriKilala Beauty show 2016Feel Japan 2016 - Trải nghiệm văn hóa, du lịch Nhật Bản

アクセスランキング

最新記事

Current issue

KILALA vol.22

Chỉ từ 100.000 VND, bạn sẽ nhận được 6 số Kilala giao tận nhà và một trong những phần quà hấp dẫn.

KILALA vol.21 KILALA vol.21
KILALA vol.20 KILALA vol.20
KILALA vol.19 KILALA vol.19
KILALA vol.18 KILALA vol.18
KILALA vol.17 KILALA vol.17
KILALA vol.16 KILALA vol.16
KILALA vol.15 KILALA vol.15
KILALA vol.14 KILALA vol.14
KILALA vol.13 KILALA vol.13
KILALA vol.12 KILALA vol.12
Đặt báo Kilala dài hạn
go Top