心が温まる、冬の旅 ー 小樽

心が温まる、冬の旅 ー 小樽

心が温まる、冬の旅 ー 小樽

小樽ってどんな街?

19世紀後半から20世紀前半にかけて貿易港として栄え、北海道の商業の中心地だった小樽。当時から残る建物もあり、歴史と異国情緒を感じられる街並みが広がっています。船荷を運び入れるため、海を埋め立てて1923年に完成したのが、全長1140mの小樽運河です。名物は、海鮮やスイーツなどのグルメ、オルゴール、ガラスなどの民芸品。

冬ならではの魅力がいっぱい

Otaru Snow Light Path

(Photo: Otaru Portal)

白く積もった雪と、あたり一面に灯るろうそくの明かり。この幻想的な光景は、北海道・小樽市の「雪あかりの路」というイベントで見ることができます。1999年のスタート以来、毎年2月の上旬には、この情景をひと目見ようと、たくさんの人が小樽に訪れます。市内に点在する各会場は、ほとんどがボランティアスタッフによる手作り。大小さまざまなスノーキャンドルは、簡単なものだと、バケツに雪を詰めて内側を削ればできあがり。また、雪や風によって消えてしまったろうそくは、スタッフがひとつひとつ点け直してゆきます。夕暮れ時、日が沈んだあと、晴れた日、雪がちらつく日…空の色や天候によって雰囲気が変わり、「雪あかりの路」は、さまざまな表情を見せてくれます。

Otaru

「雪あかりの路」で灯る、大小さまざまなスノーキャンドル (Photo: http://otaru.gr.jp)

Otaru Snow Light Path

(Photo: http://otaru.gr.jp)

海沿いにある「おたる水族館」では、たくさんの海の生き物たちがお出迎え。1958年に誕生した歴史ある水族館で、日本近海に生息する5種のアザラシ全てに会えるのは、日本内でもここだけ。海に仕切りを作り、そのまま展示スペースにした「Marine mammal park」(冬期は閉鎖)では、生き物たちの野生に近い生き生きとした姿を見ることができます。ときには本当に野生のアザラシやトドが入ってきてしまうことも…。冬の間は、かわいいペンギンたちが自由に歩き回る「冬のお散歩」が大好評。こんなに間近でペンギンを見られるのは貴重ですよ。

chim cánh cụt

(Photo: Otaru Portal)

冬のアクティビティ・スキーやスノボも楽しめるスキー場は市内に3カ所。道具はすべてレンタルできるので、手ぶらで行っても大丈夫。また、朝里川温泉をはじめとする市内の温泉では、雪が降る日は情緒あふれる「雪見風呂」を楽しめます。冬ならではの小樽の魅力を、ぜひ見つけに来てくださいね。

必ず食べたい!小樽グルメ

海鮮

Kaisendon

海鮮丼 (Photo: flickr)

小樽でいちばんの名物は、新鮮な海の幸を使った寿司や海鮮丼。まぐろ、サーモン、いくら、うに、かに、えび…とびきりの素材と、職人の技であなたをおもてなし。20店以上の寿司店が軒を連ねる「寿司屋通り」で、お気に入りのお店を探そう。

あんかけ焼そば

ankake yakisoba

(Photo: Otaru Portal)

小樽で70年以上親しまれている郷土料理。カリッと焼いた麺に、魚介、肉、野菜が入ったたっぷりのあんがかかっています。これが食べられるお店は、小樽市内になんと100店舗以上。

スイーツ

sweets

(Photo: Otaru Portal)

小樽に来たら、甘いものもお忘れなく♪北海道を代表する有名なスイーツ店や、老舗の和菓子店など、北海道産の乳製品や農産物をふんだんに使った、ほっぺたが落ちるようなお菓子に出会えます。

Sake

(Photo: Otaru Portal)

水がおいしい街として有名な小樽は、北海道産米で造った日本酒や、北海道産ぶどうで造ったワイン、本場のドイツスタイルで造った地ビールなど、こだわりのお酒がさまざま。日本酒の酒蔵を見学し、試飲することもできます。

小樽の四季

小樽の春

(Photo: Otaru Portal)

小樽市内の桜の開花は、本州よりもちょっと遅れて5月上旬頃。天狗山の山頂にある、樹齢100年を超える一本桜(天狗桜と呼ばれている)は、有名なお花見スポットのひとつ。その他、ツツジやボタンなどの花も見頃です。

小樽の夏

(Photo: Otaru Portal)

小樽には、海の安全を祈願した神社が点在しています。そのため、夏になると毎週のようにどこかでお祭があり、とってもにぎやか。屋台が並び、お神輿が練り歩き、花火が上がり…まさに日本らしい風景です。

小樽の秋

(Photo: Otaru Portal)

桜の名所でも知られる手宮(Temiya)公園は、秋になると紅葉の名所に様変わり。山一面が、あざやかな赤や黄色に染まります。見頃は10月中旬。また、シャコやサケなどの秋の味覚が最盛期を迎えます。

SENDA MAYU/ kilala.vn

Current issue

KILALA vol.22

Chỉ từ 100.000 VND, bạn sẽ nhận được 6 số Kilala giao tận nhà và một trong những phần quà hấp dẫn.

KILALA vol.21 KILALA vol.21
KILALA vol.20 KILALA vol.20
KILALA vol.19 KILALA vol.19
KILALA vol.18 KILALA vol.18
KILALA vol.17 KILALA vol.17
KILALA vol.16 KILALA vol.16
KILALA vol.15 KILALA vol.15
KILALA vol.14 KILALA vol.14
KILALA vol.13 KILALA vol.13
KILALA vol.12 KILALA vol.12
Đặt báo Kilala dài hạn
go Top