「私の家族はサプリメントのない生活を想像できません」

Health    • 2017年10月03日

Inteviewer: Van Anh/ Translator: Le Mai, Inako

白鳥製薬株式会社のサプリメント事業部部長の大橋氏は、Kilalaの独占インタビューで、こう話し出しました。

大橋氏は白鳥製薬株式会社に勤務して20年になります。現在は日本の白鳥製薬株式会社サプリメント事業部の部長でもあり、ベトナムにあるKIZUNAグループのサプリメントブランド「PLUSONE」の経営コンサルタントとしても活躍しています。

ベトナムライフが大好きな大橋氏。「将来はベトナムに住んでみたい!」とも語りました。

大橋氏

大橋氏と奥さん (Photo: 本人提供)


―アメリカやオストラリアなどと比べたら、日本のサプリメントはどう違いますか?(製作の技術、材料、種類など)

予防意識の高い欧米に比べると、保健制度の整っていた日本はサプリメントでは後進国と言わざるを得ません。しかしながら、トクホや機能性表示食品のスタートなど、徐々に意識改革がされており、種類も大差はありません。製造技術に関しては、元々ものづくりに適した生真面目な国民性から、逆に優れているところもあると言えます。


―自分にとって、日本のサプリメントの短所と長所があれば、それぞれ教えてください。

ベトナムにおける日本サプリの長所は、大きく2つ考えられます。

1つは欧米のサプリに比べ、危険性が低い事です。

欧米人とアジア人では体格に大きな差があります。体格によって必要な栄養素の量は異なりますので、ベトナム人にとって欧米のサプリは栄養素の過剰摂取になる場合があります。その点、日本人とベトナム人は欧米人に比べて体格が似ていますので、必要な栄養素も近しい事から、過剰摂取の危険性は低くなります。

また、欧米のサプリは粒も大きく飲みにくいですが、必要な栄養素が少ない分、日本のサプリメント形状は小さく、飲みやすいのがもう1つの長所です。

短所はあまりありませんが、あえてあげるとすれば価格が高めという事でしょうか。


―全体的に、日本人は何歳からサプリメントを使用し始めますか?御社の日本でよく売られているサプリメントはどんな商品ですか?

一般的には小学校に入学する6・7歳ぐらいからと言われており、その頃からカルシウムやDHA、ビタミン・ミネラル等の摂取があげられます。昨今ではキシリトール等を使った虫歯予防のものもあるので、実際はもう少し低い、3~4歳程度から摂取する事もあります。

当社の主力商品としては、ビタミン・ミネラルのベースサプリをはじめ、グルコサミンやオメガ3、ノコギリヤシなど年配の方向けの商品が多いです。その他、核酸やタイツー(毛細血管)など美容素材も増えており、数量だけで言えば、二日酔い対策サプリ「飲み会番長」が一番人気です。


―日本の女性は実際の年齢より若く見えるとよく言われています。それの主な理由はなんだと思いますか?その若さの秘密の一つはサプリメントだと思いますか?

日々のケアだと考えます。

シンプルには毎朝・毎晩の洗顔やUVカット、保湿等に非常に気を付けています。

しかしながら外観だけ気を付けても、身体の中をキレイにする「インナービューティー」でなければ外観にも影響を及ぼしますので、サプリメントは若さを保つ秘密の1つと言えます。


― 100年間にわたる白鳥製薬株式会社では、研究から市場に販売できるときまでのサプリメントを製作するプロセスを教えていただけませんか。

当社では、商品企画・原料調達・最終製品化まで一貫体制で商品を製造しております。健康補助食品GMP認定を取得しており、独立した品質管理部門が工程管理状況や製品の品質をチェックし、厳密な品質管理の元、高品質な製品を安定供給しております。

また、原料開発の際には、安全性や過剰摂取試験等を実施し、安全性に問題がない事を確認してから、大学や研究機関とも連携して身体への有効なデータを試験する過程を経る為、上市までは非常に長い期間を要します。

Plus Oneのセミナー

ベトナムに行われるセミナーに参加した大橋氏(真ん中) (Photo:本人提供)


―ベトナムでサプリメントを販売することの一番難しいところは何ですか?

素材自体の名称、またその効果・効能を認知させる事だと考えております。


―日本人はどんな方法でサプリメントの使用仕方などの情報を集められますか?(テレビ、新聞、インターネットなど)

テレビ・インターネット・新聞・雑誌・ラジオ・展示会・セミナーなど


―学校での授業、新聞、テレビ、チラシ、母親からなどという方法の中に、日本人が情報を一番受けやすそうなのはどれですか。それはなぜですか。

母親や友達など、口コミが一番だと考えます。

その理由は、母親や友達など身近な人からの紹介は何よりも信頼できる為です。


―ベトナムでも「予防は治療よりも優れています」ということわざがありますが、現代の若者はまだ「予防」を大切にしていません。日本の若者はどうですか?Kilalaの読者へ何か一言があれば、どうぞ教えてください。

日本でも年配者に比べれば若い世代の予防に対する意識はまだまだ低いと思います。しかし、年金問題や医療費破たんの危機に直面している今、昔に比べると予防に対する意識は確実に高まってきています。

読者に皆様にも、是非「予防」に関する知識を持って頂きたいと思います。

普段から食生活や適度な運動を心がける事が最も重要ですが、自分の身体に足りないものを補い、病気になる未然に予防する為の方法として、サプリメントの摂取は非常に有効な手段である事を知って頂ければ幸いです。


―ご家族はサプリメントを飲んでいますか?それはどんなサプリメントですか?

私の家族は以下のサプリメントを摂取しています。

私自身(42歳:男性):オメガ3、便通改善(乳酸菌)、二日酔い対策

妻(42歳:女性):ビタミン、美肌、免疫アップ(乳酸菌)、青汁

子供(6歳:男の子):免疫アップ(乳酸菌)、キシリトール


ありがとうございます!


VAN ANH/ kilala.vn

padding
padding
padding
padding
お問い合わせ:
Showroom: 9, 34A Street, An Phu Ward, District 2, Ho Chi Minh City 
Phone: 0919.54.3333 
thucphamchucnangplusone.com (JP)

アクセスランキング

最新記事

padding
KILALA vol.32

15万ドン以上のお支払いで、6号分のキララをお届けします。さらに素敵なプレゼント。

KILALA vol.31 KILALA vol.31
KILALA vol.30 KILALA vol.30
KILALA vol.29 KILALA vol.29
KILALA vol.28 KILALA vol.28
KILALA vol.27 KILALA vol.27
KILALA vol.26 KILALA vol.26
KILALA vol.25 KILALA vol.25
KILALA vol.24 KILALA vol.24
KILALA vol.23 KILALA vol.23
KILALA vol.22 KILALA vol.22
go Top