日本のバイオナノテクノロジーを設置3日後、To Lich 川の悪臭が軽減した

Events    • 2019年05月20日

To Lich 川(ハノイ)に、日本のナノバイオリアクターを活用する浄水器が設置されたその3日後、川の悪臭が改善されました。

4月末、To Lich川の深刻な汚染による悪臭を除去するため、日本のバイオナノテクノロジー装置の設置が決まりました。 5月16日、日本製の「ナノバイオリアクター」というバイオナノテクノロジーシステムの定礎式がハノイで開催されています。

日本のバイオナノテクノロジー

設置場所として選択されたのが、Hoang Quoc Viet 通り (Cau Giay区、Ha Noi) の近くにある長さ約300メートルのTo Lich川の区間。排水がたくさんの下水溝から流されたこの区域は、To Lich川の中でも最も汚染された区域と評価されています。

日本環境技術推進機構(JETPO)に属する山村忠博士によると、浚渫機を利用しなくても日本のバイオナノテクノロジーで徹底的に底泥層を処理し、To Lich 川に悪臭を放つ汚染源を除去できるということです。

ベトナムへ導入される前にも、バイオリアクターの浄水器は日本の多くの川に設置されています。また、2017年にHai Phongの川、その後Quang Ninhの調整湖をきれいに清掃するためにも使用されました。

日本のバイオナノテクノロジー

天然材料を使用した環境にやさしい浄水器。

Nguyen Tien Lapさん(Cau Giay区、Ha Noi)の話によれば、数年前からこの区域は悪臭が始まり、今のような暑い時期になるともっとひどくなるそうです。ところが、浄水器が設置されたことで、その3日後にはすぐ効果が出始め、悪臭が軽減されました。

日本のバイオナノテクノロジー

浄水器が設置された区域には、黒い不純物がめったに見られなくなってきました。

To Lich 川(ハノイ)

警備員が、清掃員と協力し、定期的に清掃を行います。

kilala.vn

padding
padding
padding
padding
KILALA vol.38

15万ドン以上のお支払いで、6号分のキララをお届けします。さらに素敵なプレゼント。

KILALA vol.37 KILALA vol.37
KILALA vol.36 KILALA vol.36
KILALA vol.35 KILALA vol.35
KILALA vol.34 KILALA vol.34
KILALA vol.33 KILALA vol.33
KILALA vol.32 KILALA vol.32
KILALA vol.31 KILALA vol.31
KILALA vol.30 KILALA vol.30
KILALA vol.29 KILALA vol.29
KILALA vol.28 KILALA vol.28
go Top