着物の種類

着物の種類

着物の種類

ひとくちに着物といえど、たくさんの種類があるのを知っていましたか?着物にはそれぞれ「格」があります。その格によって、正式な場所で着るべきもの、普段着として着られるものなどが分かれています。違いがわかると、着物がもっと素敵に見えます!

また、着物に紋が入れると、格式があがります。

色や柄によっても雰囲気は大きく変わるので、この表はあくまでも目安です。

白無垢

白無垢
神社での挙式で着用する花嫁衣装。着物から小物まですべて、清純さを表す白で統一。披露宴では華やかな「色打掛」着替え、「相手の家の色に染まった」という意味を表している。

振袖

振袖

未婚の女性が着用する着物のうち、最も格式が高い。江戸時代に、大きな袖を振ることが愛情表現とされ、未婚女性の着物として定着した。袖の大きさによって3種類に分けられ、いちばん大きいものが格式が高く、花嫁衣装や成人式で着用される。

留袖

留袖

既婚の女性が着用する着物のうち、最も格式が高い。既婚者は外に愛情表現をする必要がないので、振り袖とは違って袖が小さく、柄も控えめ。色付きの色留袖は未婚者も着ることができる。黒い留袖は、既婚女性が身内の結婚式などで着る。

訪問着

訪問着

「Homon」とは、相手を訪ねるという意味。色留袖の次に格式が高く、披露宴やパーティーなど、社交的な場で着用される。明治時代に、派手すぎず、地味すぎない着物として発売され、たちまち流行になった。

付下げ

付下げ

現在では、訪問着とほぼ同格とされる。元々は戦時中、華やかな訪問着が禁止されたために、少し地味な付下げが代用品として着られるようになった。着物全体にかかる大きな絵柄ではなく、小ぶりな模様が入っているのが特徴。

色無地

色無地

白無地の着物を、黒以外の色で染めた、すっきりとした印象の着物。用途は幅広く、結婚式や子どもの入学式・卒業式、ちょっとしたお出かけにも着られるので便利。生地を選べば、何度か染め直しをすることもできる。

紬

すべて絹で作られた、織物の中で最も味わい深く、着物通の人が好むといわれている。着物の中ではカジュアルなので、正式なパーティーには着ていけないが、普段着として、ジーパンをはくような気持ちで、買い物や食事に着て出かけることができる。

小紋

小紋

着物全体に同じ模様が描かれているのが特徴。遠くから見ると無地のように見える、細かな柄の小紋もある。紬と同様、正式な場にはふさわしくないが、コーディネートによって、気軽なパーティーから普段着まで、幅広く着ることができる。さまざまな柄があるので、選ぶのも楽しい。

SENDA MAYU/ kilala.vn

Current issue

KILALA vol.22

Chỉ từ 100.000 VND, bạn sẽ nhận được 6 số Kilala giao tận nhà và một trong những phần quà hấp dẫn.

KILALA vol.21 KILALA vol.21
KILALA vol.20 KILALA vol.20
KILALA vol.19 KILALA vol.19
KILALA vol.18 KILALA vol.18
KILALA vol.17 KILALA vol.17
KILALA vol.16 KILALA vol.16
KILALA vol.15 KILALA vol.15
KILALA vol.14 KILALA vol.14
KILALA vol.13 KILALA vol.13
KILALA vol.12 KILALA vol.12
Đặt báo Kilala dài hạn
go Top