和紙の作り方

和紙の作り方

和紙の作り方

和紙作りは一日で、というわけにはいかない。一枚の薄い紙からは想像しえないような、いくつもの工程を経て作られている。今回は埼玉県・細川紙の作り方を見てみよう。

1. 楮の収穫

収穫時期は11月下旬〜1月。幹の部分だけを使うので、枝はきれいに取り除く。

楮の収穫

2. 蒸す

楮を釜に入れ、2時間程度蒸し、木の皮をやわらかくする。

蒸す

3. 皮をむく

蒸した楮がさめないうちに、一本一本ていねいに皮をむく。和紙は外皮の裏についている、靭皮の部分を使う。むいた皮は乾燥させ、保管しておく。

皮をむく

4. 皮晒し

乾燥しておいた皮を再び煮込んでやわらかくし、表面の皮や不純物を取り除くために川の水に晒す。

皮晒し

5. 皮を削ぐ

楮引(Kazuhiki)包丁で(※埼玉の方では、楮のことを「かず」とも呼ぶ)表面の黒皮を削ぎ、白皮にする。黄色っぽい皮を残すと温かみのある色の紙ができ、真っ白になるまで削ぐと純白の紙ができる。

皮を削ぐ

6. 煮る/ちり取り

白皮を石灰や木灰などといっしょに煮込み、不純物を煮溶かす。煮た皮は水に晒し、まだ残っている小さなチリやゴミなどを丁寧に取り除く。美しい和紙に仕上げるための、大切な作業。

ちり取り

7. 叩く/ほぐす

皮を叩いて繊維を細かくほぐす。現在は機械でやるところも多いが、昔は木槌などを使い手作業で行っていた。

叩く

8. 材料を混ぜる

ほぐした楮と、水、トロロアオイという植物の根からとれる、粘りのある液を混ぜる。「ねり」と呼ばれる、繊維同士をつなぐ役割をしてくれる。

材料を混ぜる

9. 漉く

漉き舟の中で簀桁を揺らし、紙を漉く。漉いた紙は、湿った紙という意味の「湿紙」と呼び、一枚ずつ重ねてゆく。重ねた紙の束は、紙の床という意味の「紙床」、または「かんだ」と呼ばれる。

漉く

10. 脱水・乾燥

紙床に重しを乗せたり、機械などを使い、脱水をする。水分が抜けてカチカチになった湿紙を一枚ずつはがし、乾燥用の鉄板にはりつけていく。天日で干すところもあるが、かなり時間がかかるため、現代では鉄板を使用するところが多い。

脱水・乾燥

11. 検品

穴や破れ、ゴミがないかどうか、正しい厚みかどうかをチェックする。光に透かしながらの作業になるので、必ず昼間に行う。
検品
産地によって、工程や道具の呼び名が違います。漉くときの縦に揺らす回数、横に揺らす回数によって、紙の質が変わってくるんですよ。
SENDA MAYU/ kilala.vn

Current issue

KILALA vol.22

Chỉ từ 100.000 VND, bạn sẽ nhận được 6 số Kilala giao tận nhà và một trong những phần quà hấp dẫn.

KILALA vol.21 KILALA vol.21
KILALA vol.20 KILALA vol.20
KILALA vol.19 KILALA vol.19
KILALA vol.18 KILALA vol.18
KILALA vol.17 KILALA vol.17
KILALA vol.16 KILALA vol.16
KILALA vol.15 KILALA vol.15
KILALA vol.14 KILALA vol.14
KILALA vol.13 KILALA vol.13
KILALA vol.12 KILALA vol.12
Đặt báo Kilala dài hạn
go Top