着物の世界へようこそ

着物の世界へようこそ

着物の世界へようこそ

日本の伝統的な服といえば、着物。日本人の体型に合ったシルエット、華やかな織物や染物、着物を着たときのしとやかな所作…。日本文化をぎゅっと凝縮したかのように、すみずみまで日本の美が息づいています。着物を知ることは、日本を知ること。奥深い着物の世界へようこそ!

着物の歴史

着物

(Photo: PIXTA)

現代の着物の原型は、12世紀から15世紀にかけて、貴族が下着として着用していた、シンプルな浴衣のような形の「小袖」だといわれている。次第に下着ではなく一般的な服となり、身分が高い人が着る小袖には、刺繍などの華やかな装飾が施されるようになった。庶民の間でも装飾のある小袖が着られるようになったのは、江戸時代になってから。さまざまな芸術的文化が花開いた江戸時代には、ユニークで斬新なデザインがたくさん生みだされた。そして小袖が発展し、振り袖など現在の着物の種類に枝分かれしていくことになる。しかし19世紀、明治時代になると、西洋の文化がたくさん入り込み、貴族の正式な服装は着物ではなくドレス、草履ではなく靴といったように変化を遂げた。20世紀には、一般の人の服装も西洋の服となり、着物を着る人の数はかなり減少した。冠婚葬祭や成人式、茶道や華道などの伝統芸能を行う際に着られることが多いが、近年、着物のよさを見直し、普段着として楽しむ人も増えてきている。

浴衣とはちがうの?

浴衣と着物

浴衣(左)と着物(右) (Photo: PIXTA)

浴衣は着物の一種なので、形や作りはもちろん似ているが、じつは大きな違いがある。浴衣は今では日本の夏のおしゃれとして定着しているが、旅館で着ることからもわかるように、元々は寝巻き。浴衣は外出時以外は一枚でも着ることができるが、着物は「襦袢」と呼ばれる下着を着用し、足元には足袋をはく。浴衣を正式な場所で着ることはマナー違反なので、覚えておきたい。

SENDA MAYU/ kilala.vn


Kilala Vol.17の関連記事:

着物の種類

着物をもっと楽しく! かわいい小物

Men’s Kimono

アンティーク着物

Current issue

KILALA vol.22

Chỉ từ 100.000 VND, bạn sẽ nhận được 6 số Kilala giao tận nhà và một trong những phần quà hấp dẫn.

KILALA vol.21 KILALA vol.21
KILALA vol.20 KILALA vol.20
KILALA vol.19 KILALA vol.19
KILALA vol.18 KILALA vol.18
KILALA vol.17 KILALA vol.17
KILALA vol.16 KILALA vol.16
KILALA vol.15 KILALA vol.15
KILALA vol.14 KILALA vol.14
KILALA vol.13 KILALA vol.13
KILALA vol.12 KILALA vol.12
Đặt báo Kilala dài hạn
go Top